読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

振り返った時に

思い出せる日々を過ごしたいって誰かと語ったことがある気がするんだけど、余程インパクトがない限り、思い出すところか、記憶にすら残らないわけであって、探し物のついでにmixiを久々に開き、約3年ぐらいほぼ毎日書いていたmixi日記を読み返してみた。

些細な出来事も意外に鮮明に思い出せて、日記の良さを改めて感じたので、備忘録という意味で再びブログを書いてみようと思う。

と書いてる最中に大学時代に書いてたブログのことを思い出し、Googleで調べたら、出てきた。デジタル?ネットって便利。しかし、自分で書いたと言えど、意外に読み返すのは恥ずかしいもので、同時にその時の自分の考えなりを知ることもできて、ある意味新鮮。

思えば、ブログを始めたのは、大学の授業で同時まだ話題になる前のライブドアの企業研究をしていたのがきっかけ。WEB2.0が騒がれ出したころだったような。就職活動をしてた頃には、就活ブロガーなる存在がいたなー。懐かしい。携帯もまだガラケーだったし、FacebookもLINEもなかったし、ネット接続はまだADSLが主流だった。

わずか10年でこれだけ環境が一変するとは思わなかったし、そう思うと、テクノロジー?の進化に感動する。最新の技術とかネット周辺とか聞いても、あんまりよく理解できないし、まだまだ勉強不足だな。

ところで、こないだ初めて耳にしたけど、平成一桁生まれの人が自分は平4(へいよん)生まれだとか、平6(へいろく)生まれだという表現をしてたけど、昭和58年はどうしたらいいのかと聞いたら、ぎりしょうでしょうと言われた。若干ショックを受けたことは記憶に新しい。