読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

携帯の歩み(ドコモブランドとJ-PHONEの登場)

今やドコモなんてパッとしないけど、自分が高校生のときのドコモブランドのステータスは尋常じゃなく、高かった。

が、Nシリーズの爆発的なヒットに次ぐ、ヒットはそこまでなかったものの、ドコモは他キャリアを寄せ付けない強さだった。

ドコモを持っていることがある程度のステータスになるぐらいドコモにはブランド力があった。

他キャリアはというと、

IDOauに変わり、ツーカーは気づいたら消えてた。

ドコモの一人勝ちが続くと思いきや、J-PHONEがドコモの牙城を切り崩してきた。

カメラ付き携帯の発売である。

今となれば、カメラが付いてない携帯とかありえないけど、当時の携帯にはついてなかった。

革新的で、携帯電話のマーケットに大きなインパクトを与えた。

J-PHONEに乗り換える人が続出し、他キャリアも後追いした。

個人的にはツーカー骨伝導ケータイが気になったが、全くヒットしなかったな…

 かたや、ドコモのNシリーズは当初の開発力はどうした?ってぐらいにさっぱりしない機種しか出さなくなった。

N904iを境にNシリーズに戻ることはなかった。

f:id:ababb110:20160515135522j:image

ドコモの戦略も迷走してるようにしか思えなかったなー

50Xシリーズ、70Xシリーズ、90Xシリーズと何を押していきたいのかもわからなかったし、似たような機種ばかりで目新しさもなかったなー

が、ブランド力というのはすごい。

のか、単に他キャリアへ切り換えるほどの魅力がなかったのか、ドコモユーザーであり続けたなー

続く。